腹話術伝道の学び

No.1「良い贈り物としての腹話術」

「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は、上から来るのであって、光を造 られた父から下るのです。」

ヤコブの手紙1:17

腹話術は、「見てかわいい」「やって楽しい」「喜ばれてうれしい」と三拍子そろった、本当に すばらしいものです。これは、私たち人間がどのように定義しようとも、(たとえば、芸とか芸 術とか)「神さまからの賜物」です。しかし、それが「良い贈り物」「完全な賜物」として輝き続 けるためには、受け取る私たち人間の側の姿勢が問われてくるのです。

腹話術を下さった主をあがめましょう

腹話術は、いつ、誰が始めたのかはわかりませんが、それを考えた人間は、神さまによって造られ た存在です。その人が、ある時「ボイス・イリュージョンを使ったらおもしろいかもしれない」 と思いついたとしても、それ自体は罪ではなく、その人は光を造られた天地創造の神からいただ いている“創造性”を用いて考案したわけですから、すべては神から発しているわけです。ですか ら、腹話術は他のすべての芸術と同様に、神が人間に与えられた賜物だといえるのです。その点 において、私たちは腹話術を喜ぶとともに、それを下さった神の主権を認め、神を畏れ、感謝 し、栄光を神に帰していきましょう。

腹話術が「良い贈り物」「完全な賜物」であるためには、人間の罪が赦され、義 とされていなければなりません

神に造られた最初の人、アダムとエバは実に「良く」造られていましたが、残念ながら、神に逆 らい、堕落してしまいました。その罪を解決するお方はイエス・キリストだけです。ですから私 たち人間は「新しく生まれる」ことなくして、神に与えられている賜物を「良い」ものとして用 いることが出来ないのです。どんなに有能で謙遜な腹話術師でも、キリストによって霊的に救わ れていないなら、究極的には、神の栄光のために腹話術を用いることはできません。私たちが恵 みのゆえに信仰によって義とされ、神の子とされ、キリストにあって腹話術を与えられているこ とは、すばらしい特権なのです。

神の子どもでも、罪を犯したら悔い改めなくてはなりません

腹話術は、他のどの芸術とも同じように、誘惑の多いものです。たとえ救われているクリスチャ ンでも、罪の性質が残っているので、心の中で罪を犯すことがあります。「あの人はうまい が・・・」「あの人は有名だが・・・」「私は下手だ・・・」「私だってできる・・・」「私の 人形の方がかわいい・・・」等々、他人と比べる肉の性質は、自我という欲に引かれて誘惑さ れ、罪を犯すのです。(14)神は光なるお方です。聖霊によって罪を照らされたら、すぐに悔 い改め、常に光の中を歩めるように気をつけましょう。

愛による奉仕のためにささげましょう

神が私たちを造り、賜物を与えたのは、あなたが、賜物を用いて人に仕えるためです。腹話術は 自分で楽しむものではありません。人々にキリストの愛を注ぎ、祝福するために用いるとき、神 がそれを「良い」とされ、その腹話術は「完全」であると認められ、神の目的は達成されるのです。

  • あなたは、腹話術を習ってから、何年経ちましたか?
  • その間、何回人前で、実演したでしょうか?
  • そして、それはどんな動機からやってきたことでしょうか?

人前で演じることが少ないとすれば、それを妨げているものは何でしょうか? 腹話術は確かに技術を伴いますが、ある一定の技術に達しなければ奉仕はできない、というもの ではありません。上から来た賜物ですから、上からの知恵と力をいただいて、神さまの目的とされ た本来の姿で仕えていけるように祈りましょう。

2011年3月11日

ページトップへ