腹話術伝道の学び

No.24「メッセージ台本の作り方⑦」

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」

Ⅱテモテ3:16

今回は、ずばり「聖書台本」を書くときの心構えについて、考えてみましょう。「聖書台本」というのは、「聖書を題材にしたお話」だと思っている方が多いかもしれませんが、それは間違いです。そのように考えると、台本がほとんど“聖書物語”で終わってしまったり、ただ“あらすじ”をおもしろおかしく語っているだけになってしまいます。本当の「聖書台本」というのは、 「聖書のメッセージを伝える台本」であって、メッセージそのものと言って よいでしょう。確かに、腹話術で語るわけですから、人形を使い、会話とし て話は進むわけですが、本質的には、ストレートメッセージと何の変わりも ありません。(人形はあくまでもツールなのです。)すなわち、そこには、 選んだ聖書箇所そのものが語っているメッセージというものがあり、術者 は、それが何であり、それをどう受け止めたらよいか、生活の中でどう適用 したらよいかを祈り求めなければならないのです。それは、いたって霊的な ことであり、この作業をするためには、聖書そのものを何度も読むだけでは なく、聖霊に導かれるということが必要です。

それでは、聖書台本を書くプロセスにおける聖霊の働きについて、私の体 験から少し語らせてください。

聖霊は、台本にふさわしい聖書箇所を教えてくれます

台本というのは、どこで、どんな集会で、誰に、どのくらいの時間演じる かが定まらないと、書けないものです。それは、少なくとも2か月前に教え ていただく必要があります。そして、決まったら、まず、どの聖書箇所を台本 にしたらよいか、祈るということが必要です。新作が大変なので、今まで書 いたものですませよう、という発想はいけません。それを用いることが集会 の目的にぴったりきて、心に平安があるなら別ですが、(その場合でも「そ の日のために」もう一度見直して、一部書き直すことも必要です)そうでない場合は、与えられた場にふさわしい新作に取り組まなければなりません。 その箇所はどこが一番良いのか、示されるように導きを祈ります。

聖霊は、聖書のメッセージをはっきり教えてくれます

これは、みことばを語る時に、どうしても必要な段階ですが、他人に語る 前に自分が教えられなければなりません。選んだ聖書箇所を何度も読み返し ては黙想し(もちろんわからない箇所は調べ)、神が語りかけているメッセ ージに耳を傾けます。そして、教えられた霊的真理について、ノートに短く書 きだしてみましょう。それがいくつかある場合には、そのうちのひとつを選 んで、台本の中心真理とすることができます。その場合、中心聖句を定める と、さらにポイントがはっきりします。

聖霊は、みことばを日常生活とつなぐ働きをしてくれます

どんなメッセージも、「適用」がないものは、真理の提示だけで終わって いまい、みことばの力を発揮することはできません。腹話術台本であって も、まず現実問題から始まり、みことばの真理に聞き、それを現実に適用す る―という流れが必要なのです。それは、語る対象の年齢や、かかえている問 題や、信仰の有無などによって違ってくるものです。そのようなことは、いつ も接している相手ならよくわかりますが、一度も会ったこともない他教会 (他団体)の人々の場合には、全くわかりません。ですから、そんな時こ そ、聖霊に聴き、普遍的真理をどのように適用したらよいのか、その知恵を いただかなければならないのです。 (4) 聖霊は、台本の台詞を的確に定めてくれます。

聖霊は、台本の台詞を的確に定めてくれます

さあ、十分書きたいことが決まったら、実際に台本に取り掛かりますが、 書いていくプロセスにおいても、聖霊に依り頼まなければなりません。表現 したい内容にぴったりくる台詞は何か。人形と二人分の会話で展開しなけれ ばならないという複雑な作業が、スムーズに進むように、聖霊に聴きながら 筆を進めるのです。迷うときは祈ってみると、必ず「これだ!」 ということばが閃き、心が平安に満たされます。台本を書く時 には、聖霊の助けをもっもっといただきましょう。

   

ページトップへ