腹話術伝道の学び

No.27「聖なるアトリブ」

「主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。」

コリント人への手紙第二 3章17節

これまで、腹話術の台本は、完全原稿を仕上げて、徹底的に暗記し、その 後は台詞を忘れる、ということを述べてきました。この「忘れる」段階 は、非常に重要です。なぜなら、演技当日ぎりぎりまで暗記していて、そ のまま、聴衆の前に立ってしまったら、頭の中は台詞だらけで、相手の顔 も目も見ずに、覚えたことを発表するだけになってしまうからです。こう いう時は、演じている間中「早く終わらないかな」と思っており、終わっ たらほっとする、というような心理状態に陥ることでしょう。これでは腹 話術の楽しさも喜びも味わえないばかりが、第一、とても不自由だと思 います。

確かに、せっかくユーモアを入れたのに、正確に語れなかったり、間が悪 かったためにおもしろくなくなるということはありますが、今日は、本 番で必要な「アドリブ」について、考えてみましょう。

ここでいうアドリブとは、最初からうる覚えのために、台詞が毎回変わっ てしまうという場合のことではありません。台詞は十分正確に覚えている けれど、本番で、「思いもかけないことば」が、術者や人形の口から飛び 出すというようなケースです。これは、全く台本にも書いてないし、自分 でも本番で語るであろうことを予想だにしていない「想定外」の台詞で す。そして、そのようなアドリブは、多くの場合、爆笑を引き起こした り、その場の空気が一瞬のうちになごんだりして、大変効果のあるもので す。そのようなアドリブはどういう時に起こるのでしょうか。

聖霊の働き

もし、みなさんが演じる前に、十分な準備を終えてから、「聖霊様が働い て、私を自由にしてください」と祈って臨むなら、このようなアドリブは 起こる可能性があります。みなさんの心がすでに、台詞の束縛から離れ、 聖霊の導きにゆだねているからです。私たち神の子は、聖霊の内住をいた だいていますから、何をするにも聖霊のご支配に身をおくことは良いこ とが起こる条件です。こんな時の台詞については、「台本からそれた」 「間違った」と思わず、「神様が今働いてくださったのだ」と受け止め、 感謝しましょう。

人形が生きている証拠

これは、本番で思いがけない台詞が出たとしても、実は、その準備は、日 頃の心がけによってなされていた、ということができます。つまり、パペ ットの〇〇ちゃんを常に人格のある存在として扱い、語り合い(祈り合 い)、練習していると、人形の心の中に様々な思いがすでに溜められてい て(感情豊かに育ち)、その結果、本番で人形の本音が飛び出す、という 現象なのです。つまり、人形は術者の操りによって語るのではなく、独立 して(勝手に)語り出すということです。こんな時こそ、観客にとって は、一番スリルがあるし、おもしろいし、術者にとっても(驚きますが) 人形を頼もしく思えることでしょう。

観客の反応によって引き出されるもの

演技の最中で、思いがけなく、子どもたちが質問したり、口をはさんでく るということは、そう珍しいことではないでしょう。そんな時は、どう しましょうか。まずは、機転をきかせて、人形に答えさせることもできま す。場合によっては、術者が相手をすることもあるでしょう。そんな時の 台詞もアドリブであることは確かです。ただし、この場合、その子どもが 非常に大切で、貴重なことばを発したなら、こちらもそれに答える必要が ありますが、もし、受け答えをすることによって、話が脱線したり、収集 がつかなくなってしまうようであれば、やり過ごして先に進めましょう。 あるいは「後で、一緒にお話ししようね」と約束することもできます(た だし、約束は守ること)。このようなことについては、演技する前からあ る程度は予測できることですから、決して驚き、あわてず、心構えをして おくことが必要です。

「聖なるアドリブ」は、いのちの流れる会話です。

2014年1月24日

ページトップへ