腹話術伝道の学び

No.28「聖霊を悲しませる腹話術」

「神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のため に、聖霊によって証印を押されているのです。」

エペソ人への手紙4 章30節

「私はゴスペル腹話術師」だと自称する方々の中に、実際には「これが ゴスペル?」と首をかしげてしまう内容の腹話術をする人たちがいます。 その人がクリスチャンであることは確かだとしても、どうやら腹話術に対 する心構えに問題があるようなのです。今日は、これまで私自身が葛藤し てきたことや、他人の腹話術を見て感じてきたことなどを総合して、この 「ゴスペルにならない誘惑」というものと向き合ってみたいと思います。

「腹話術はおもしろくなくてはいけない」と思う

これは、術者も観客もほとんどの人が「腹話術」に対して抱いているイメ ージです。そこで、術者は、とにかく笑わせようと考えて、人形に冗談を 言わせるわけです。その時、自分は神様に仕え、神様の愛を伝えようとし ているのだという本来の立場を忘れてしまうのです。たとえ、人形の言っ た冗談で観客が笑ったとしても、その笑いはどんな性質のものでしょう か。単なるダジャレですか。(例「今日はザアカイさんの話をしましょ う」「アーソーカイ」などという崩し方は問題です。)そのことによっ て、神のことばの権威が地に落ちてしまい、聖霊は働くことができなくな ります。聞いている観客の心が、神様から離れて、とんでもないところに 引きずられていくのです。このようなミスは台本を作成する段階で避ける ことのできるものです。くれぐれも台本を読み返して、自分が笑いを作ろ うとしている箇所がゴスペルにふさわしいかどうかを自問してみましょ う。

「私はどうせ前座だから」と思う

これは、多くのアマチュア腹話術師に見られる傾向です。この場合、本人 は「私はゴスペル腹話術師なんて名乗るほどではありませんから、腹話術 でゴスペルをやる者です」と言うかもしれません。けれども、よく考えて みてください。単なるお楽しみ会やかくし芸大会で腹話術をやるならまだしも、クリスチャンとしてみことばを伝えるために、神様のお役に立ちたいという思いで集会の奉仕者として立ったのなら、あなたは立派な「ゴス ペル腹話術師」なのです。その自覚をまずもっていただきたいと思いま す。もちろん、「私の演技の後で、牧師がちゃんとメッセージをしてくれ るので、私がメッセージしてはいけないと思うし、あくまでも前座なので す」と答えるかもしれません。果たして、牧師のメッセージの前に登場す る方々は、みんな前座なのでしょうか。前座なら、適当に心をなごませ るためにやればいいのでしょうか。それでは、たとえば、音楽家が賛美を ささげるのも前座でしょうか。彼らは、前座だからと思って、いいかげん に演奏したり歌ったりするでしょうか。いいえ、彼らは、神様から与えら れた賜物を磨き、全力を傾けて主に向かって賛美をささげることでしょ う。それは、彼らもまた、牧師がメッセージを語ると同様に、神様に仕 え、神様を賛美する者として選ばれているからです。ですから、ゴスペル 腹話術も、牧師の語るメッセージと競合するわけではあり ませんし、あくまでも、人々の心を神様に向けるために、 聖別された内容の腹話術でなければならないのです。も し、内容的に、ダブるのではないかという恐れがあるな ら、あらかじめ、牧師がどんなメッセージをするか、また、その日の集 会の全体的なテーマは何かを確認しておくと良いでしょう。大切なこと は、あなたが奉仕をするということは、あなたが腹話術師としてうまい か、おもしろいか、をアピールするために演じるわけではないということ です。集会では、腹話術を含めたすべての奉仕者がそろって神様をほめた たえ、福音が語られ、人々の心が探られ、主に応答していくこと・・・こ れが一番の目的なのです。とすれば、「自分が目立ってはいけない」と卑 屈になることもおかしいし、後で「良かったわ」と言われるかどうか と、人の評価を気にすることも、奉仕者としてはふさわしくない態度なの です。己を捨て、神様の顔だけが見える集会になるように、キリストの体 の一器官として仕えたいものです。

    

ページトップへ