腹話術伝道の学び

No.29「なぜ人形(パペット)を使うのか」

- 腹話術の効果 -

「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。」

イザヤ書9章6節

先日、あるCS 教師研修会で、こんな質問を受けました。「腹話術でもメッセージを語ることが大切と言われましたが、それならば、なぜあえて人形を使うのですか?」すなわち、メッセージならば、聖書片手で話せば良いではないか、ということだと思います。これはとても重要なポイントをついた質問だと思い ました。メッセージを語るために、腹話術がどのような効果が あるか、という問題なのです。実際のところ、腹話術を使って も特に効果がないならば、私たちがメッセージのために人形を 使う意味はありませんし、普通の語り以上に労力をかけて備え ることは虚しくなります。そこで、今回は、メッセージを伝え るために、腹話術を使うとどんな効果があるかについて、具体 的に考えてみましょう。

視聴覚教材として

皆さんは、腹話術を「芸」だと学びましたか?それとも「芸 術」ですか?実はそのような捉え方は、メッセージを伝えよう とする時には、ほとんど意味がありません。腹話術はあくまで も神様からの賜物であり、神に仕えるために用いられる技術な のです。一言で言えば「視聴覚教材」として位置づけることが 一番ふさわしいでしょう。人々にみことばを伝えるために、素 話だけでなく、絵を見せたり、実物を使ったりすると、大変わかりやすくなりますが、腹話術の場合は、人形との会話という スタイルで、みことばをかみ砕いて話すことができますから、 特別な教育的ツールとなります。それに、人形が話しますか ら、まずは大変興味を引きますし、楽しさ、おもしろさもあ り、人々が心を開いて耳を傾けることができるのです。大の大 人でも「やぁ~人形だぁ」と思った途端、“油断”します。この点が重要なのです。その油断した心に真理をポーンと投げ込む ことができるからです。神様は実に巧妙なわざをお考えになっ たものだと思います。

間接的説教

腹話術は術者と人形と観客の、いわば“三角関係”で話が進むた めに、聖書片手の直接的なメッセージよりも、間接的になり、 当たりがやわらかくなります。このことは、特にまだ信仰をも っていない人々にとっては、少しずつ福音に触れるための助け となるでしょう。術者は直接人々に説教するのではなく、人形 を相手に説教できますし、重いテーマや、なかなか口ではスト を相手に説教できますし、重いテーマや、なかなか口ではスト レートに言いにくいテーマであっても、腹話術だと案外取り上 げ易いのです。

カウンセリング効果

これはかねてより強調していることですが、人形は観客の立場 に立てるということが、大きなメリットです。人形が人々の心 を代弁する形で、疑問、質問を術者にぶつけることができます し、術者は、人形に答える形で、人々に福音を解説することが できるからです。時には、人形が突拍子もないことを口走って も、「人形の言うことだから」という雰囲気で、特に問題には なりません。かえって、そのことで、人々の心がさらに開かれ ることもあるのです。このようにして、人形との会話を通し て、人々の聖書(神様)に対する無知や偏見や誤解を解くこと もできるでしょう。そうして、人々のつまずきを立て直すこと ができるのです。このような作業が霊の領域では行われてお り、その会話の中に聖霊が働いてくださる時、人々の魂は目に 見えざるにいます神様(イエス様)に向けられていくのです。

けれども、ここで再確認しておきたいことは、人形の 台詞が人々の霊性を左右する力があるということで す。ですから、術者は、台本書きの段階から、観客の 「霊的ニーズ」をよく考えることが必要です。この集会の人々 はどのようなニーズがあるのか、どのレベルまで下がっていか なければならないのか、どんな疑問があって、どういう表現で 答えたらわかりやすいか、最後には、どれくらいの理解をもっ てほしいか・・・等々、よくよく祈って備えておきたいものです。

2014年3月28日

ページトップへ