腹話術伝道の学び

No.32「キャラクター作りを妨ける術者の態度」

「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって互いに人を自 分よりもすぐれた者と思いなさい。」

ピリピ人への手紙2章3節

人形が明確なキャラクターを持ち、そのユニークさを発揮している台本 を書くことは本当にむずかしいことです。けれどもいったん、そのコツを つかんでしまえば、今度は、台本を書くことが実に楽しくなることでしょ う。なぜなら、腹話術は人形が主役だということがわかり、ますます人 形に愛情を感じることができるからです。それは、まさしく、人形との二 人芝居ともいえる腹話術の醍醐味です。

ところで、この人形のキャラクター作りの上で、一番問題なのは、術者 本人の人形に対する心の態度ではないかと感じることがありますので、今 回はその弊害について、いくつかあげてみたいと思います。

人形はあくまでも人形だと思う時

もし、腹話術師が、自分の人形を「ただのおしゃべり人形だ」と考えて いるなら、その時点から、キャラクター作りは不可能だと言わざるをえ ません。なぜなら、ただの人形は、普通はしゃべりませんし、ここで言 う「おしゃべり人形」というのは、「術者がしゃべらせている人形」だ という意味になるからです。従って、その人形には「いのち」も「心」も ありません。私は、ゴスペル腹話術にはノンクリスチャンによる腹話術に はない「いのち」と「心」があると信じる者ですが、それは、術者自身 がその人形を生かすという意味ではなく、人形を与えてくださった創造主 なる神から注がれた「いのち」と「心」があるからだと思います。従っ て、まず、クリスチャンの腹話術師は、人形の存在に対して、「神が私に この子(人形ですが)を与え、いのちにいたることばを語るように導いて くださったのだ」という信仰に立つことが必要なのです。

また、人形はあくまでも人形だ、と考えていると、どうしても人形は術 者の支配下にあるような従属関係になってしまいます。そういう心境でや っていると、「私がこの人形を選んだ」「私が名前をつけてやった」「私 が洋服を買ってやった」というような、上から目線の姿勢が台詞の中から 感じとられてしまうのです。そのような関係では、人形はまるで術者に仕 える奴隷です。人形が「言いたくないことを言わされて」「動きたくない 動きを動かされて」というような愚痴をこぼす台詞を聞いたことがありま すが、(たとえ観客が笑っても)そのようなことをしゃべる腹話術の中 に、人形のキャラクター性を見出すことは不可能です。

そういうわけですから、人形のキャラクターを育てるためには、もっ と術者がへりくだって神の前に謙遜になり、人形の存在価値を高いものと して受け入れなければなりません。そうすれば、人形の心はきっと「高い 所」「広い所」に導き出され、大きく息をして、自由に語り始めることで しょう。

人形の台詞で笑いを作ろうと焦る時

いつも語っていることですが、腹話術というと、観客も何らかのおもし ろさを期待しますし、そこで、術者もつい、人形の台詞で観客を笑わせよ うとします。ある人が言いました。「聖書はつまらないから、ギャグでも ダジャレでも入れて、時には笑わせなくては話がもたない」と。それは、 大きな勘違いです。多分、その人は、聖書をよく読んでいないか、神との 交わりに欠けた人だと思います。

聖書は生きた神のことばであり、神(イ エス)は実にクリエイティブで、ユーモアもあり、ゆかいな方でもありま す。笑いも涙もあるのです。そして、神に造られた人間もまたおもしろい 存在です。ですから、人形にキャラクターをもたせることは、根本的に楽 しい作業ですし、父なる神は、あなたという非常にユニークな人物を通し て、「人形のかたち」を与えてくださるのです。つまらないギャグやジョ ークからはきっぱりとお別れし、もっと天地創造の神とその被造物(人 間を含めて)を霊の眼で見つめてみようではありませんか。そこには、創 造主の知恵と力に満ちた、実に味わい深い世界が繰り広げられているので す。

2014年6月27日

ページトップへ