腹話術伝道の学び

No.34「自分らしい腹話術」

「それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立 てられたからです。…私のために作られた日々が、しか も、その一日もないうちに。」

詩篇139篇13~16節

今まで、台本の書き方に関するメッセージを語ってきました が、今回は、ちょっと立ち止まって、自分の腹話術について思 いめぐらせてみましょう。

今まで、台本の書き方に関するメッセージを語ってきました が、今回は、ちょっと立ち止まって、自分の腹話術について思 いめぐらせてみましょう。

あなたは、初心者講習を受けてから、何年になりますか?一 年に何回位、奉仕の場がありましたか?どんな対象の集会が多 かったですか?その都度、どんな思いで演じてきましたか?

ところで、あなたは台本書きが楽しいですか?練習に喜びを 感じますか?そして、何よりも「自分の腹話術が好きです か??」

この最後の質問は、「あなたはあなた自身を愛しています か?」ということにも通ずることだと思います。みことばに 「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」(マルコ12: 31)とあるように、私たちは、まず自分自身を受け入れ、愛 せなくては、隣人を愛することはできません。そして、自分が 演じる腹話術を愛していなければ、喜んで、楽しく人前で演じ ることはむずかしいでしょう。

ところが、私の見渡すところ、クリスチャン腹話術師の中に は、「自分の腹話術」に自信がもてず、奉仕にも積極的になれ ない人が少なからずいるということを感じるのです。それはい ったいなぜなのでしょうか。

ここで、私は、ノンクリスチャンの方が自信家が多いと言っ ているわけではありません。確かに、信仰なき芸の世界では、 腹話術が大好きな人で、熱心にボランティアをしている人も多 いのですが、それが“わが身の栄光のため”であるなら、神の目 には喜ばれることはできません。その場合の「自分が好き」と いうのは、あくまでも自己中心のレベルのことなのです。

そもそも、「本当の自分はどんな人間か」ということは、創 造主の神様を抜きにしては私たちにもわからないのです。人間 は、「神に造られた本来の自分」を回復しない限り、自分を愛 することもできないものなのです。

そこで、腹話術を通して、本来の自分をどう発見するか、につ いて、いくつか検証してみましょう。

子どもの前で演じるより、大人の方が楽しい

それ は、あなたの年齢のせいかもしれませんが(若い時は、比較的 楽だと思いますが)、基本的に、あなたは、大人の人向けに演 じるために召されているのでしょう。腹話術は全年齢層を対象 として用いることが可能ですが、だからといって、一人の人が オールマイティーになる必要はありません。大人の人のための 楽だと思いますが)、基本的に、あなたは、大人の人向けに演 じるために召されているのでしょう。腹話術は全年齢層を対象 として用いることが可能ですが、だからといって、一人の人が オールマイティーになる必要はありません。大人の人のための台本を書き、大人の集会で大いに活躍してください。これから は、ますます高齢化社会なのです。

聖書台本がどうしても苦手

それは、あなたが、腹 話術で聖書のメッセージを語るようには召されていないからか もしれません。単に努力不足であるなら、自己反省をしてくだ さい。けれども、クリスチャンだからといって、すべての人が 聖書台本を演じなければならないわけではないのです。自分が 最も興味、関心のある題材でなければ、台本は書けないもので す。聖書ではなく、童話、物語、日常の事柄でも良いですし、 極端な話、落語や漫才のようなエンターテイメント的なもので も構いません。自分が最も生き生きとする領域を学び、台本を 書き、それにふさわしい奉仕の場を見つけてください。それで もキリストの香りを放てるはずです。

教会で奉仕の場がない

それなら、あなた は、教会の外へ出るべきです。クリスチャンは、どう しても教会学校とか、教会内の集会でやらなくてはな らないように考えますが、腹話術はどんな場所にも入 っていけるツールです。イエス様は、「全世界に出て いって福音を宣べ伝えよ」と命令されました。そのために、腹 話術を賜物として与えてくださったのです。あなたが教会以外 で人と出会う場所に、人形を連れていってください。仕事関係 でもボランティアでも親戚や友人の集いでも、たった5分でも 演じて、人々を楽しませてください。主があなたを導かれる時、あなたに喜びがきます。

2014年9月26日

ページトップへ