質問集 No.12「祭司としての教えの務め」

「祭司としての教えの務め」

  • あなたは、伝道者や宣教師の誰かを、個人的にサポートしていますか。あるいは、教会として、誰かをサポートしていますか。その中で、教えられ、学んだことはどんなことですか。
  • 教会の働きの中で、「教える」奉仕をしていますか。その対象や奉仕の内容はどんなものですか。その奉仕を通しての恵みはどんなことですか。
  • あなたが、兄弟姉妹と「互いに」教え合う機会はありますか。教えることが、一方的になりやすいこともありますが、それはどうしてだと思いますか。
  • 「教える」ことは、「答えを与える」ことだと考えがちですが、本当の答えは、神様にしかわからないこともあります。人間的な勧めをしないためには、どんな心がけが必要だと思いますか。
  • みことばの体験を分かち合える場(グループ)が、教会の内外でありますか。ない時はどうしたらよいと思いますか。

ページトップへ